美食市株式会社の極上アオテうなぎ

お知らせ

ミヨピン(めんぼうの母)が実食レポートやりました!(動画)

今回は、美食市株式会社の極上アオテうなぎを実食レポート!
ぜひ、あなたも見てみてくださいね。

アオテうなぎを買うか迷っている方は、要チェック!

>>動画はこちら

 

うなぎ いろいろな種類のうなぎ

「うなぎ」は日本語なのか?世界のうなぎ事情(アメリカ・韓国・中国)

投稿日:

うなぎ文字こんにちは。
うなぎ大好き、めんぼうです。

 

ふと思ったんですが、「うなぎ」って何語でしょうね?
もちろん、日本語だ!って答えが返ってきそうです。

 

でも、本当に絶対?と言われると自信ないですよね?
というわけで、うなぎの語源に迫ってみました。

 

あと、英語や韓国語では何ていうのか?も調べてみました。
外国でもうなぎって食べられているんでしょうかね?

 

あまり、聞かないですよね。
中国産うなぎ」なんて、日本では大騒ぎしていますが、当の中国ではうなぎ食べているんでしょうか?

 

なんか、怪しいですよね。
だいだい、西欧人(特にアメリカ人)も魚系食べないっていいますもんね。

 

うなぎ食べているの、日本人だけじゃないの?
だったら、世界中のうなぎを獲ってくれば、品薄状態も解消されるんじゃ?

 

でも、世界のうなぎとニホンウナギでは種類が違いますけどね^^;
うなぎの種類については、こちらをご覧ください。
>>うなぎの種類

 

まぁ、とにかく今日は、「うなぎ」って日本語なのか?
韓国では?アメリカでは?中国では?なんと呼ばれているか?調べてみました。

 

意外な結果かもしれませんよ。

うなぎは日本語です!

結論から言うと、うなぎは日本語です。
当たり前だと言えば、当たり前ですよね。

 

で、せっかくなんで語源を調べてみました。

うなぎは、古名「むなぎ」が転じた語で、「万葉集」などには「むなぎ」とある。 むなぎの語源は諸説あるが、「む」は「身」を意味し、「なぎ」は「長し(長い)」の「なが」からとする説が有力とされる。 この説では、「あなご」の「なご」とも語根が共通する。 その他、胸が黄色いため「胸黄(むなき)」が変化したとする説や、「棟木(むなぎ)」に似ているからといった説があるが、いずれも俗説である。
雨が飲み込むのに難儀するという説もあるが、「うなんぎ」→「むなぎ」→「うなぎ」の変化は考え難いため、「うなぎ」の呼称が成立したあとに作られた俗説だろう。
引用:http://gogen-allguide.com/u/unagi.html

万葉集の時代からうなぎっていたんですね。
そして、見事にうなぎは日本語のようです。

 

最初は、「むなぎ」と呼んでいたんですね。
それが、変化して「うなぎ」。

 

面白いですね!

英語ではなんていうの?

では、今度は英語ではなんというか調べてみました。

 

英語でうなぎは、「Eel」と言います。
発音は、「イォル」って聞こえます。

 

ちゃんとした発音は、
>>DMM 英会話
ここにあります。

 

調べてみたら、アメリカでもうなぎ食べるんですね。
本当は、昔は食べていなかったみたいですが、近年になり握り寿司が普及すると共に、うなぎも広まったようです。

 

うなぎが好きなニューヨーカーも当たり前にいるそうです。
そして、うなぎを使った巻きずしを「ドラゴン・ロール」とか言って楽しんでいるようです。

 

アメリカで、「ドラゴン・ロール」といえばうなぎ、と認知度は高いようです。

ついでに韓国語!

それでは、次に韓国語では何というのでしょう?
これも調べました。

 

韓国語でうなぎは「장어(チャンオ)」と言います。
で、韓国でも鰻食べるのか調べたら、食べるどこではありませんね。

 

うなぎ専門店がたくさんあります。
しかも、日本のうな重やうな丼みたいな感じじゃなくて、どちらかと言うと焼き肉に近い感じで、網に蒲焼き(白焼き)を直接のせて焼きます。

 

肉厚も重厚で、ものすごく美味しいらしいですよ。
韓国へ行った際は、うなぎ専門店も行ってみると良いかもしれませんね。

 

日本とのうなぎの違いが知りたいです。

中国語では!?

今度は、中国です。
これも、調べてみました。

 

中国では、うなぎは「鳗鱼」と書きます。
発音は、「マァン」です。

 

鰻魚ってそのまんまですね。
まぁ、日本の漢字は中国から入ってきていますから、似ているのは当然ですね。

 

と言うか、漢字に関しては、こちらが似ているんですね。
向こうが本家です^^;

 

で、中国ではうなぎ食べるのか?ということですが、当然のごとく食べます。
でも、そんなに好きじゃないようです。

 

調理方法も、ぶつ切りにして焼くか鍋に入れるそうです。
で、あんまり美味しくないと・・・。

 

考えてみれば、中国人がうなぎ好きだったら日本に輸出なんてしませんよね。
うなぎは少ないですから、自分の台所を回すのでいっぱいいっぱいになるはずです。

 

中国人がうなぎの魅力に気がついてなくて、良かったですよ。

まとめ

一昔前までは、アメリカなんてうなぎ食べてませんでした。
それが、日本文化、特にお寿司が広まると共にアメリカでも食べるようになったんですね。

 

せっかく、日本人の文化だったのに・・・。
あと、カニなども一昔前までは、世界では食べるのは日本だけでした。

 

中国なんて、網にかかっても全部捨てていたらしいです。
それが、日本人が美味しい美味しいって広めるもんだから、2019年では世界各国で食べられるようになりました。

 

そうすると、量が足りなくなり、値段が高騰しています。
せっかく、日本人だけの特権だったのに~!

 

悔しいことこの上ないです!
外人は、肉食ってろ!つって・・・^^;"

メルマガ

分かりません

メルマガ始めました。

興味のある方は、こちら。
>>めんぼうのメルマガ

関連広告



-うなぎ, いろいろな種類のうなぎ

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.