カニについて

毛ガニの産地・旬はいつ?【なんで毛が生えているの?】

更新日:

毛ガニこんにちは。
毛ガニ大好きめんぼう(@menbou14)です。

 

日本3大ガニ(タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニ)の一つ毛ガニ。
意外と、生態や品種など、知らないことが多いですよね?

 

どうして、どうして毛が生えているのか?とか、毛は口に入っても大丈夫なのか?とか、いろいろ気になります。

 

そこで、今回はそんな毛ガニについてこだわって調べてみました。

 

さてさて、どんな情報が出てくるでしょう?



スポンサーリンク

品種・学術名

毛ガニは、学術的にエビ目カニ下目クリガニ科に分類されます。

 

別名、オオクリガニ(大栗蟹)とも言われます。

毛ガニの毛何のために生えているの?

実は、毛ガニの甲羅は柔らかいです。

 

ですので、いつも危険にさらされています。

 

そして、毛ガニは、水深30~200mの『砂泥底』に住んでいます。

 

そこで、砂泥底の泥や砂が身に付きやすいように、『剛毛』が生えています。

 

砂や泥を身にまとい、保護色にするのです。
泥がついた毛ガニは、注意してみないと海底と一体化してよく分かりません。

 

砂泥底に擬態するための毛なんですね。



スポンサーリンク

毛ガニの毛、どう調理すればいいの?

基本、毛ガニを食べていて毛が気になるということは、あまりないかもしれません。

 

毛ガニには、身をほぐして、カニチャーハンやカニ玉にするのがいいでしょう。

 

鍋にはあまり向きませんが、それでも鍋にしても大丈夫です。

 

毛も口に入っても問題ありません。



スポンサーリンク

毛ガニの特徴

ズワニガニやタラバガニと比べて、食べる部分が少ないですが、味は濃厚で、身に甘みがあります。

 

カニ味噌も量が多く美味しいです。

 

北海道を代表する食材となっています。

毛ガニ獲れる場所は?

春はオホーツク海、夏は噴火湾、秋は釧路および根室沿岸、冬は十勝沿岸で獲れます。

 

ほとんど北海道ですね。

 

ですが、岩手などでも取られているようです。

 

ちなに、漁期、旬についてはカニの旬はいつ?4大ガニを表にまとめましたを読んでみて下さい。

日本で食べられ始められたのはいつ?

実は、この毛ガニ、日本では1913年頃までは肥料として使われていました。

 

毛ガニを食べるのは、一般的ではなかったんですね。

 

それが、1934年頃から缶詰として利用されるようになり、一気に食べられるようになりました。

 

毛ガニを肥料にしていたなんて、なんて贅沢なのでしょう^^;

 

知らないという事は、本当に愚かなことですね。

毛ガニはオスが出回っている

実は、市場に出回っている毛ガニは、ほとんどがオスです。

 

メスは、成長するのに時間がかかるため、漁獲を厳しく制限されています。

 

ですので、一般的に市場に出回る毛ガニはオスのみということになります。

まとめ

毛ガニについてこだわって調べてみました。

 

気になる情報はあったでしょうか?

 

それにしても、昔は食用ではなく肥料とされていたっていうのが、衝撃でした。

 

あんなに美味しい毛ガニを昔の人は食べなかったみたいです。

 

どうしてでしょうね?
毛がついているから嫌だったのでしょうか?^^;

 

まぁ、昔トマトも毒があると思われて食べられていなかったらしいので、そういう食材って意外と多いのかもしれませんね。


【ここから宣伝コーナーです】

カニと言えば、網走水産!
激ウマの北海道カニあります。
一度食べたら止められない!



北海道網走水産

北海道のカニ
カニ脚福袋!


アンケート

-カニについて

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.