カニについて

ズワイガニの解禁日・漁期はいつ?【いつから獲っていいの?】

更新日:

カレンダーこんにちは。
ズワイガニ大好きめんぼう(@menbou14)です。

 

最近、めっきりズワイガニが減ってますね。
ズワニガニだけじゃなくてカニ全体が減ってます。

 

しかも、世界でカニを食べるようになり、カニの需要が上がりました。
カニなんて、世界で日本人ぐらいしか食べてなかったんですね。

 

だから、日本人だけの味覚だったのですが、近年、世界もカニの魅力に気が付き、需要が一気に伸びています。

 

しかも、規制が入り捕るのに制限がかかりました。
それだけじゃなく、輸入品にも規制がかかりました。

 

そんなわけで、一気にカニの値段が高騰したのですね。

 

近年のカニは、高すぎて手が出ません。
本当に一般庶民のあこがれの食材となってしまいました。

 

さて、そんな規制だらけのカニですが、獲るのにも規制があるんですね。

 

年から年中取って良いわけではありません。
ちゃんと、この時期からこの時期までと漁期が定められています。

 

だから、カニはこの時期にしか食べることが出来ません。
冬にカニを食べるのは、そういうわけなのです。

 

今回、解禁日と漁期を調べましたので、じっくりと見ていって下さい。



スポンサーリンク

大きく分けて

大きく分けてズワイガニの解禁日は2つあります。

 

新潟県より北の海域は10月1日に解禁になります。
漁期は、10月1日~翌年5月31日です。

 

また、富山県より西の海域は11月6日に解禁なります。
漁期は、メスズワイガニ11月6日~翌年1月10日。
オスズワイガニは、11月6日~翌年3月20日になります。

 

西日本のメスのズワイガニは、漁期がかなり短いです。
実質3ヶ月ぐらいしかありません。

 

やっぱり、メスは卵を産むので大切なんですね。
メスを乱獲すると、全体的な数が減っていましますからね。



スポンサーリンク

なぜ11月6日なの?

解禁日10月1日は切りが良いから分かりますが、富山県より西の11月6日というのは、どうしてでしょう?

 

実は、諸説あるんですが、「立冬(りっとう)」だからだろうと言うのが有力な説です。

 

「ズワイガニ」=「冬」のイメージをここで作っているんですね。

 

確かに、ズワイガニ解禁日!なんてニュースでやっていると、もう冬だなぁなんて思いますもんね。

規定はどこから?

こういう規定はどこで作られているのでしょう?

 

それは、日本の農林水産省が取り決めています。

 

農林水産省から省令が発布され全て取り決められています。

 

獲る量、獲るサイズ、漁期、解禁日、罰則規定など、事細かに決められています。



スポンサーリンク

まとめ

結局、ズワイガニの解禁日は2つあって、東日本が10月1日西日本が11月6日からということです。

 

北海道やオホーツクの方が西日本より早くズワイガニを食べられるのですね。

 

でも、最近はネット通販などが発達してきているので、西日本も東日本もないかもしれませんね。

 

とにかく、10月1日を超えると新鮮なズワイガニが食べられるってことです。


【ここから宣伝コーナーです】

カニと言えば、網走水産!
激ウマの北海道カニあります。
一度食べたら止められない!



北海道網走水産

北海道のカニ
カニ脚福袋!


アンケート

-カニについて

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.