カニについて

3大ガニの美味しい産地は?【北海道が一番な理由?】

更新日:

北海道庁こんにちは。
カニ大好きめんぼう(@menbou14)です。

 

カニの産地といえば、やっぱり北海道ですね。
それ以外には、思い浮かばないほど有名です。

 

でも、僕もカニの通販などを紹介させていただいてますが、意外と北海道産のカニってないんですね。

 

ロシア、アラスカ、アメリカ、カナダなどの産地を書くことが多いです。

 

ほとんどが外国産なのでしょうか?
北海道のカニは、捕れなくなったのでしょうか?

 

そんなカニの産地に関する疑問を今日は調べました。

 

特に3大ガニ(ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ)について調べましたので、最後までゆっくりと見ていって下さい。



スポンサーリンク

ズワイガニの産地

ズワイガニは、山口県から北の日本海茨城県沖から北の太平洋オホーツク海からベーリング海に渡って生息しています。

 

似たものに、「紅ズワイガニ」や「大ズワイガニ」がいます。
これは、似てますがズワイガニとは異なります。

 

味も、ズワイガニほど美味しくありません。
店によっては混ぜて売ってますが、基本違うものです。

 

それでは、ズワイガニの中でもブランドガニについて見ていきましょう。
ブランドガニと言っても、ズワイガニに名前をつけただけですので、正体はズワイガニです。

松葉ガニ

松葉ガニは京都府・兵庫県・島根県・鳥取県山陰地方で獲れます。

間人ガニ

京都北部の丹後半島にある間人(たいざ)港で獲れる松葉ガニを間人ガニと言います。

越前がに

越前ガニは越前港や三国港など越前海岸にある主要の港で水揚げされたオスのズワイガニのことです。

加納ガニ

加納ガニは橋立漁港や金沢港など石川県内の加賀、能登の漁港で水揚げされたオスのズワイガニのことです。



スポンサーリンク

タラバガニ

タラバガニの産地で有名なのは、北海道オホーツク海ですね。

 

国外だと、アラスカ沿岸ベーリング海を含む北太平洋が有名です。

 

ただ、現在ですとタラバガニの禁漁区や禁漁期間が増えているために、国内のタラバガニの流通量は激減しています。

 

代わりに、カナダアラスカ産のタラバガニやロシア産のタラバガニが市場に出回っています。

 

ちなみに、タラバガニはカニではないのはご存知ですか?
その辺のことを詳しくまとめた記事もあります。

 

>>カニの足って何本だっけ?8本?10本?知れば納得!



スポンサーリンク

毛ガニ

毛ガニの産地も北海道が有名です。

 

北海道でも、穫れる場所が決まっていて、

  • オホーツク海
  • 道東産(太平洋)
  • えりも(日高)産
  • 噴火湾産

と分かれています。

 

また、北海道以外では、日本海側では能登半島周辺・太平洋側では宮城県沖などで毛ガニが穫れます。

まとめ

結局、北海道が有名だったわけですが、実は今、漁獲量の規制や協定の改正などで、漁獲量がかなり減っています。

 

しかも、輸入規制まで入ってきて、カニ業界は大打撃です。

 

その証拠に、近年カニが高騰しています。

 

このまま行くと、うなぎや松茸のように滅多に食べられるものではなくなるかもしれませんね・・・。


【ここから宣伝コーナーです】

カニと言えば、網走水産!
激ウマの北海道カニあります。
一度食べたら止められない!



北海道網走水産

北海道のカニ
カニ脚福袋!


アンケート

-カニについて

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.