うなぎ好き達の熱い記事

【美味しいうなぎ】を大切に守ろう!食べられない時代が来る!?

更新日:

暑さがピークに達する時期でもある土用の丑の日。
この土用の丑の日と言えば、うなぎを食べる日だと認識している人が多いと思います。

 

スーパーなどでもうなぎの特設コーナーが出来、飛ぶように売れるのがこの時期です。
ちょうど暑さでバテ気味になっている時期なので、栄養価の高い美味しいうなぎを食べて元気になるというのは合理的だとされています。



スポンサーリンク

土用の丑の日と平賀源内の関係

というのもうなぎは美味しいだけではなく、ビタミンAビタミンBが豊富に含まれているからです。
実はこの土用の丑の日の風習は江戸時代に平賀源内が主張し始めたのが始まりというのが定説となっています。

 

平賀源内は江戸時代にマルチな才能を発揮した才人ですが、現代で言うとコピーライターのような役割も持っていたようで、その才能でこの風習が広まったと言われています。

 

確かに暑さで参っているときでも、美味しいうなぎを食べれば元気になるから不思議です。最近では中国産のうなぎも出回っていますが、美味しいうなぎと言う点ではやはり国産のものに分があります。

 

確かに価格は倍ぐらいの差があったりしますが、それでも美味しいものを食べたいのであれば、国産を求めるのが通というものです。



スポンサーリンク

うなぎにタレは欠かせない!

また、美味しいうなぎを食べるにはうなぎ本体も重要ですが、タレも大きなポイントになります。
美味しいタレにつけて食べることで、うなぎの味がさらに引きたつのは間違いありません。

 

美味しいうなぎ料理を出す老舗として人気がある店はそれぞれ秘伝のタレがあるものです。やはり長年の伝統から作り出されたものは一味違うということです。

 

美味しいうなぎを大切に守ろう!

近年うなぎの価格が急上昇していますが、それはうなぎが取れなくなっているからです。
資源の減少から、このままでは本当にうなぎが食べれない時代が来るのではないかと心配されています。

 

価格が高騰してからは国産うなぎは長年食べていないという人も増えているようです。
これは食文化と言う点からも大きな問題だといえるでしょう。

 

資源と食料とのバランスをとることはうなぎに限らず、漁業資源では重要な課題です。
今後も継続して増やしていく対策を取ることが必要となるでしょう。

 

日本はグルメ大国と呼ばれるほど多くの食材がある国です。
しかし、うなぎのかば焼きは他の魚では代わりがきかないという点で特別な地位を持つと言えるものです。

 

あの美味さは一度食べると病みつきになるもの。今後も末永くうなぎを楽しめるようにしていかなければいけないでしょう。



スポンサーリンク

注目記事:絶品!行列ができるうなぎ屋の蒲焼きがお手軽に!【うなぎ屋たむろ】


【ここから宣伝コーナーです】
浜名湖産うなぎです。
うなぎサイト管理人の厳選です。


三河一色産 幻の青(アオテ)うなぎ
幻の最高級品です!


アンケート

-うなぎ好き達の熱い記事

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.