うなぎについて

【2016年土用の丑の日】はいつ?どうして、うなぎを食べるの?

更新日:

土用の丑の日2016年、 夏の土用の丑の日は7月30日です。

 

でも、そもそも、土用の丑の日ってなんでしょうか?

 

言葉からすると、「土用」と「丑の日」に分けられます。
一つずつ見ていきましょう。



スポンサーリンク

「土用」とは?

土用とは、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことです。

 

立春(2月3、4、5日)の前約18日間
1月17日から 2月3日ごろ

立夏(5月4、5、6日)の前約18日間
4月17日から  5月4日ごろ

立秋(8月6、7、8日)の前約18日間
7月20日から 8月6日ごろ

立冬(11月6、7、8日)の前約18日間
10月20日から11月6日ごろ

土用と言うのは、春や秋、冬にもあるんですね。
一般的に言われる「土用の丑の日」は、 立秋(8月6日、7日、8日)の18日前の期間です。

 

土用とはもともと、どう言う意味なのでしょう?
土用とは、「五行」の暦から来ています。

 

五行とは、木行・火行・土行・金行・水行から成っています。

木行:春
土行:季節の変わり目
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
土行:季節の変わり目
水行:冬
土行:季節の変わり目

土用とは、五行で言う「季節の変わり目」の事です。
だから、1年のうちで4回あります。

 

丑の日とは?

丑の日とは、の十二支があります。
これを昔の人は、数字の代わりに使ってました。

 

だから、日にちや方角を表すときにも十二支を使っていました。
「土用の丑の日」の「丑の日」とは、日にちの事なのです。

 

十二支ですから、12日で1周します。
「丑の日」は1ヶ月に2~3回あります。

 

土用の丑の日とは?

つまり、土用(五行で言う、季節の変わり目、約18日間)のうちの、 丑の日(十二支で日にちを数える)の事です。

 

約18日間(土用)の丑の日(十二支)ですから、年に2回ある事もあります

 

●どうして、土用の丑の日にウナギを食べるのか?

諸説ありますが、平賀源内の説が有名です。
ある、売れないウナギ屋が平賀源内にコンサルを頼みました。

 

その時、平賀源内が考案したのが、「本日、土用の丑の日」と言う、 張り紙を貼ると言うものでした。

 

すると、そのウナギ屋は大繁盛! それを他のうなぎ屋も真似し、一般に広まった、と言う訳です。

 

もともと、丑の日には「う」の付く食べ物を食べると良いと言う、 風習、習慣がありました。

 

それとも、相まって土用の丑の日にはウナギを食べるようになったようです。

 

土用は年に4回あるのに、どうして「夏」だけなのか?

これも、平賀源内の説に起因しているのですが、 もともと、ウナギの旬は冬です。
夏には、さっぱり売れませんでした。

 

平賀源内に頼んだウナギ屋は、夏に頼んだのでした。
それで、夏にウナギを食べましょうとセールしたのが始まりと言われています。

 

土用は4回巡ってきますので、その丑の日にウナギを食べてもぜんぜん構わない事になります。

 

実際、春、秋、冬でもウナギを食べると言う、習慣を根付かせようと、コンビニやスーパーなどでも販促しているみたいです。
そう言えば、スーパーなどは一年中ウナギありますね。



スポンサーリンク

まとめ

なんとなく「土用の丑の日にウナギを食べる」なんて言ってますが、確固たる理由は無いのですね。

 

もともとは、平賀源内の販売促進だったようで・・・。
でも、ウナギは、ビタミンや脂質を豊富に含み、疲労回復、夏バテにもってこいです。

その、効果とも相まって、土用の丑の日にウナギを食べると言う事が広まったのかもしれませんね。

 

参考にした記事:【土用の丑の日とは】2016年はいつ?ウナギを食べる意味や由来をご紹介

 

楽天ショップ:うなぎ屋 たむろ楽天市場店

注目記事:絶品!行列ができるうなぎ屋の蒲焼きがお手軽に!【うなぎ屋たむろ】


【ここから宣伝コーナーです】
浜名湖産うなぎです。
うなぎサイト管理人の厳選です。


三河一色産 幻の青(アオテ)うなぎ
幻の最高級品です!


-うなぎについて

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.