カニについて

カニの足って何本だっけ?8本?10本?知れば納得!

更新日:

海辺のカニこんにちは、めんぼうです。

 

あなたは、カニの足何本か知ってますか?
8本?10本?

 

そもそも、ツメは足なのか?
子供の頃、教えてもらったのは片側4本、4本の8本だったような?

 

なぜ10本って思うようになったのか?

 

そんな、ちょっと不思議なカニの足ですが、今日はカニの足について調べてみました。



スポンサーリンク

そもそも、ツメは足なのか?

足の数を数える前に、気になる点が一つありますよね。

 

そもそも、ツメは足なのか?という点です。

 

答えから言うと、ツメは足です。
人間で言うところの「手」のような感じがしますが、あれは足です。

 

カニ業界では、ツメは足という認識が一般的なようです。

 

結局、8本?10本?

で、結局、カニの足は8本なのか?10本なのか?って話ですが、実はどちらも正解です。

 

実は、種類よって8本のカニ10本のカニがいるんですね。

 

だから、僕の記憶も8本なのか、10本なのかあやふやになっていたんです。
どちらも正解だから、仕方がないですよね。

 

詳しく見ていきますと、ズワイガニ系10本です。
タラバガニ系8本なんですね。



スポンサーリンク

一般的なカニの足

一般的なカニの足は、10本です。
片側5本(ツメ合わせて)片側5本ですね。

 

一般的なカニというのは、ズワイガニ系毛ガニ系のことです。

 

タラバガニは一般的なカニではありません。

 

タラバガニって何者?

一般的なカニと足の本数が違うタラバガニですが、一体何者なのでしょう?

 

実は、タラバガニはカニの仲間ではありません。
ヤドカリ」の仲間なんですね。

 

ヤドカリというと貝を背中に背負った、小さいやつです。
海辺によくいるやつですね。

 

仲間としては「ハナサキガニ」とか「ヤシガニ」が仲間です。

 

表から見ると8本しか無いタラバガニ系ですが、実は2本甲羅の中に隠れています。
他の足より小さいのを隠し持っているんですね。

 

だから、タラバガニ系も10本あるって言えばあります。



スポンサーリンク

カニは5000種類以上います

と言うわけで、ズワイガニ系は10本タラバガニ系は8本2本体内に隠している)ということが分かりました。

 

だから、カニの足は?と聞かれたら、10本と言うのが本当の答えかもしれません。

 

世界には、色んな種類のカニがいるわけですが、なんと5000種類以上のカニがいます。

 

カニの先祖はエビで、エビが進化を遂げたのがカニだそうです。
だから、美味しいんですね。

 

たかがカニ、されどカニと言ったところでしょうか。

 

ちなみに、カニはツメや足がもげたらどうなると思いますか?

 

実は、カニはツメや足がもげても再生するんですね。

 

トカゲのしっぽと同じです。

 

だから、よくテレビや海辺でハサミの取れたカニを見かけますが、あれはぜんぜん可哀想じゃないんですね。

 

僕なんかも、一生ハサミがないのか?可哀想・・・なんて思ってましたが、カニの足はもげても再生するそうです。

 

意外としたたかなやつです。



【ここから宣伝コーナーです】

カニと言えば、網走水産!
激ウマの北海道カニあります。
一度食べたら止められない!



北海道網走水産

北海道のカニ
カニ脚福袋!


(Visited 160 times, 1 visits today)

-カニについて

Copyright© 美味しいうなぎの蒲焼き食べませんか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.